【日経新聞連載小説】荻原浩「ワンダーランド急行」(87)

あらすじ

牛肉を見つけられない私は店員に話しかける。「牛肉はどこですか」と。すると店員の顔色がかわり、周囲の人からも怪訝な目を向けられる。何かやらかしたと感じた私は店から逃げるように立ち去る。商店街を見渡しても牛肉を売っている店はなく、私は改めて自分がいる世界はパラレルワールドであることを認識するのだった。

感想

昨日の小説からは大きな進展はないですが、やはり牛肉を食べられない世界ってことですね。どう話が展開していくんでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました