【日経新聞連載小説】荻原浩「ワンダーランド急行」(86)

あらすじ

スーパーに到着し、私は売り場を見渡す。青椒肉絲を作る事に決めた私は精肉売り場へと向かう。鶏肉、豚肉、と確認していき、目的の牛肉売り場へ。そこには驚きの光景が広がっていた。なんと、牛肉が売っていないのだ。

感想

牛頭天王からの流れなんですね。パラレルワールドでは牛を進行していて、食べてはいけないことになっているとは。代わりに大豆で出来たニューミートは何味の肉なんだろうか。ニュースでよくあるニューミートは牛を真似ている気もしますが。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました