【日経新聞連載小説】荻原浩「ワンダーランド急行」(84)

あらすじ

“私”は少しずつパラレルワールドを受け入れつつある。そして、美冬に約束した夕食作りを今日やる事を決意する。クックパッドは見当たらず、「キッチンコイン」というサイトでレシピ探しを始めた。

感想

徐々に”私”は現実世界を受け入れ始めましたね。今後の展開と妻との関係に期待。嵐の前の静けさのような1話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました