荻原浩「ワンダーランド急行」(82)

あらすじ

部長と繋がったはいいが、スカイツリーの話などが通じるはずもなく、部長は怪訝な様子。私は疲労で疲れてしまっていると推察した部長は数日休むことを提案してくる。私はそれを応諾し、部長との会話を打ち切る。

その後に携帯ショップへ向かった私は携帯の代替機を手にして、一番気になっていた「コロナ」について検索してみるのだった。

感想

部長は牛になっているかもとか適当な予想をしていましたが、普通に人間でしたね。いよいよ”私”は携帯を手に入れてコロナについて検索をする事になるのですが、どんな検索結果が表示されるのでしょうか。牛頭天王の駅にあれだけ人が大量にいたという事は、コロナがなかったことになっているんだと予想は出来るのですが、どうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました